ラボパパ日記 VOL.131 「困ること」

2011年6月27日


トトの革屋TRISLABに新商品追加しました。 長財布 ”えれぐ” です。



ココさんカカさんウーちゃんは就寝中。
そう想っていると、ウーちゃんはウンチを解き放ったので交換、布おむつを洗ってきました。そう、自分の時間は半分こ。赤ちゃんの居る生活です。

子どもの親、そう言う事を想っていると、原発の問題がふと頭にのぼります。もしも自分が原発の近くに住んでいたら...
南の国か、海外か引越しでしょうか。原発事故に対するリアクションはみなまちまち違いますね、もちろん。そしてその反応は、過剰すぎるくらいが程良いのかも...。こと子の親とあってはそうもなります。 国が、もとい、このただの政府がのらくら、嘘を流布するようでは。
危険だと言ってしまえば住む人が居なくなるから。なんて考えで ”すぐに影響の出る値ではない” なんて安全とも危険ともとれる言いかたをして、規制値を上げる。不信。率先して原発の敷地内に居を移してから言ってももう今では誰もそれを信じれないのかも。

僕の実家は九州、佐賀県です。玄海の原発がもし爆発したら、家んところも危険。 先日、佐賀県では原発再稼働に向けての住民説明会みたいなのをローカルTV番組から経産省が放送したみたいだけど、それが国民をばかにしてます。参加したのは市民は7人、どこかで国が選んできた7人です。その説明とやらは原発の構造・機構の説明みたいなのを専門用語を多用して。。意味良くわかんないし。

僕は想うけれど、市民・国民が不安に想ってるのは、そんな原発の仕組みや危険性、もちろんそれもあるけれど、それよりも、それを扱う人間とシステムに不信感が募っているからという事の方が実は大きいんじゃないかな。政府批判なんてそんなたまではないですが。原発も事故が無ければ効率の良いエネルギーなのかもしれないけれど、この期に及んで再稼働の話、懐柔策は時期尚早、KYです。

そんな話ホントに困ったもんです。


110626_0937~003
畝ちゃんをだっこして。

110626_1140~001
ココさん琵琶湖にて釣りする。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

trislab

Author:trislab
TRISLABの制作日記

革のぬくもりを伝えたい。ぬくもりのある革小物を作っています。
HP: http://www.trislab.net/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR