FC2ブログ

ラボパパ日記 VOL.144 「退院その後」

未分類
08 /12 2011
2011年8月11日

110810_1328~001.jpgよい苦しみという部屋番ですた。

退院してから1日目です。
入院のつまらなさから抜け出して、やる事がある、って事はなんてスバラシイ!んだと痛感します。

もちろん、訳もなく入院生活を送っていた訳ではなくて、ガンガン動けないから、ソローリソローリ動いて安静にしていたんですが。うちに帰ると少しばかり無理を承知でもやんなきゃいけない事もあるわけで。仕事はもちろんですが、”やんなきゃいけないこと” をやり始めてます。そしてカカさんにはモリモリ頑張ってもらって、流動食作ってもらったりココさん・ウネウネさんのお風呂なんかの重労働はやってもらってます。ありがとう。

久しぶりに仕事をスタートして、ものの1時間でもう手豆が出来ててビックリして、それを見てなんだかムラムラと気持ちのたかぶってくる自分が不思議です。

そうやって考えてみると、こんな所で告白しても仕方ないけれど、僕は結構 『手』 には思い入れがあって、憧れの手がありますね。
大学時代の塑像の時間でもつくったんですが、『百姓の手』です。まぁ、死んだじいちゃんの様な手、と言ったほうが早いんですが、あの、何ともその人の生き様を刻み込んでゴツゴツとして、そして歩んだ人の忍耐を映すように変形した手ですね。百の姓を持つ、やっぱカッコいいです。

やっぱり、誰が言ったか忘れましたが、こんな時流にこんな事言うのもなんですが。
心のためにも、体のためにも、そして社会の精神衛生的にも、実質的な労働の対価として身銭を得る事のほうがハッキリとして、そして人間間の疑念も少なくて良いような気がしますね。

まぁ、そんな訳で、不便はたくさん残しつつノーマルな生活に徐々に戻って行きたいと想います。


110812_0949~001.jpgココさんがジジババにもらった九州新幹線
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

trislab

TRISLABの制作日記

革のぬくもりを伝えたい。ぬくもりのある革小物を作っています。
HP: http://www.trislab.net/